競馬に絶対はない、ということは、よくいわれることです。
本当にそうでしょうか?

本当かどうかは、自分の目で確かめてみないことには、何事にも納得できない性格なので、徹底的に検証しました。
12年ほどかかって、ようやく、結果が出ました。
競馬は、絶対に勝てます。
※日本の競馬に限ります。

競馬の必勝法をどのように、発表するのが、一番、適切かを悩んでいるところです。
かれこれ、1ヶ月ほど、悩んでいます。

当初は、電子書籍で発表する予定でした。
でも、何か、しっくりとこない・・・。

僕は、職業プログラマーなので、競馬の必勝法を探り当てました。
プログラムを組めない人は、まず、この競馬の必勝法は編み出せないでしょう。

必勝法を編み出した瞬間の気持ちよさといったら、言葉に表すことができません。
金銀財宝を見つけたような気分の高揚です。

この気分をみんなに、味わってもらいたい・・・。
どうすれば、この気持ちを味わってもらえるのか?

僕は、20年ほど前、ゲームデザイナーをしていたので、ゲーム的なアプローチで
必勝法を探り当てる、というのも、面白いかも、と思いました。
※子供にも、答えのないような問題を解決する楽しさを知ってほしい、という願いがあります。

あるいは、プログラミング教室のようなものをオンラインで開催する。
※プログラミング教室は、やりたいことのひとつでもある。
仕事で、ロボットや制御装置を扱っているので、Arduinoやラズペリーパイを使った、面白装置を作る教室も開催する予定です。子供には、テレビゲームよりも、実際にものを動かして遊べるワクワク感を味わってもらいたいのです。
テレビゲームは、誰かの作った箱庭で遊ぶだけなので、ワクワクできない。いってみれば、電子情報を書き換えているだけ。
※といっても、昔のゲームの「エイリアンソルジャー」のような数十年に1度、出るか出ないかの作品は別です。
昔はやったミニ四駆みたいなものは、工夫できる箇所が無限なので、とても楽しい。

電子書籍で考え方を発表する。
※印税生活を夢見ている。

いっそのこと、全部、やっちゃえば、悩まなくていいんでしょう。
自分が自由に扱える時間は、早朝4時〜5時の1時間。

1.電子書籍の発行。
これは、早朝以外でも、できる。
ノートを携行して、通勤中に手書きで、書けばなんとかなる。

2.競馬必勝法を探し当てるゲーム
これは、スマホゲームにしたいので、スマホでの開発の勉強が、まず、必要である。
通勤中に書籍を読むことにする。

3.プログラミング教室
教育用のカリキュラムなどを作成する必要がある。
これも、通勤中にノートに書けばよい。

そして、早朝は・・・
1.スマホの開発の勉強をPCを使って行う。
2.プログラミング教室用のサンプルプログラムを作成する。
3.電子書籍用に書いたノートをPCに移す。
4.進捗状況をお知らせする。

こんなところでしょう。
スマホ開発用の端末、すなわち、アンドロイド端末が必要です。
僕の持ってるアンドロイド端末は、内部容量が1Gなので、開発ができないのです。
当然、iPhoneは、持ってません。
また、iPhoneアプリ開発には、Macが必要です。

アンドロイド端末とiPhoneが、どこかから、入手できたら、開発に着手できる。
宇宙にお願いしておこう。
「アンドロイド端末とiPhone6、Macを僕の部屋に持ってきてください。開発している期間で構いません。」

競馬の必勝法のプログラミング教室に興味がある方は、コメントに、興味あり、と書いてもらえるとありがたいです。
必勝法というのは、先行者有利なので、先にやったもの勝ちです。
※必勝法を公開するのは、不思議な感じがするでしょう。ですが、僕にとって、競馬で勝てること自体には興味がないのです。
勝てることがわかった時点で、興味の大半は、失ってしまったも同然なのです。
今は、海外の競馬で勝てる方法を模索中です。